モリモリスリム

モリモリスリムと青汁

投稿日:

モリモリスリム・フルーティー青汁について

モリモリスリムのシリーズに新しく「フルーティー青汁」が加わりました。

モリモリスリム・オリジナル(ほうじ茶・紅茶)との大きな違いは、腸内環境の改善ばかりでなく、野菜不足もサポートしてくれるところ。

仕事などで忙しく、食事に気を配ることができない人は、どうしても栄養が偏りがちになります。そんな時にこの「フルーティー青汁」を飲めば、不足しがちな野菜が摂取でき、体調維持にも効果が期待できます。

飲み方は簡単。1包を100〜120mlの水や牛乳に溶かすだけです。モリモリスリム・オリジナルのようにお湯に浸す必要もないので、忙しい朝でも簡単に摂取できます。

もちろん、ゴールデンキャンドル、羅漢果、オオバコ、明日葉、桑の葉といったモリモリスリム・オリジナルの成分もたっぷり配合されていますので、普段の食事では摂りにくい栄養もしっかりと補えます。

野菜不足を解消したい人は、ぜひモリモリスリム・フルーティー青汁を試してみて下さい。

モリモリスリム・フルーティー青汁の全成分

モリモリスリム・フルーティー青汁の全成分は以下のようになっています——

難消化性デキストリン、ゴールデンキャンドル末、大麦若葉末、抹茶、クマザサ末、ケール末、有胞子性乳酸菌末、明日葉末、乳酸菌(EC-12)末、植物発酵エキス末、桑の葉末、ゴーヤ末、ヤーコン葉末、羅漢果抽出物末、ギムネマエキス末、オオバコ葉末、ハス葉エキス末、コレウスフォルスコリ末、ガルシニアエキス末、サラシアエキス末、ルイボスエキス末、果汁(リンゴ、洋なし、グレープフルーツ、パッションフルーツ、レモン、赤ブドウ、ストロベリー、パイナップル、マンゴー、ライチ、オレンジ、キウイフルーツ、もも、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー)、シナモンエキス末、リコリスエキス末、アカメガシワエキス末、フェンネルエキス末、クローブエキス末、ジンジャーエキス末、金時ショウガエキス末、酸味料(クエン酸)、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物を含む)

ご覧のように、合成着色料や防腐剤は一切添加していません。安心して飲み続けることができます。

ただ、原材料の一部に、乳、オレンジ、キウイフルーツ、もも、リンゴ、バナナ、山芋を含んでいますので、これらの成分でアレルギー反応が出る人は気をつけて下さい。

甘味料・アスパルテームについて

モリモリスリム・フルーティー青汁には甘味料としてアスパルテームとL-フェニルアラニン化合物が配合されています。

このうち、アスパルテームはよく批判の的となっていて、「体に悪影響を及ぼず添加物だ」とネットでも盛んに主張する人がいます。

アスパルテームに「害」があると言う人たちは、体内組織にアスパルテームがたまっていくことで健康被害を及ぼすと主張しているようですが、経口摂取してもすぐに血液に入るわけではありません。体内組織に蓄積されることもなく、そのままエネルギーとして使われるだけです。

現在、アスパルテームの添加を許可している国は130ヶ国以上に達します。摂取しても健康には何の問題もない、と考えていいでしょう。

-モリモリスリム

Copyright© 『本当に効いた!モリモリスリムの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.