モリモリスリム

モリモリスリムのお試し内容

更新日:

モリモリスリムのお試しキャンペーンについて

試してみる
モリモリスリムは発売から10年が経過し、累計販売数が1億2千包を突破しました。今や日本一売れている通販健康茶となっています。

その効果をさらに多くの人に知ってもらおうと、総販売元のハーブ健康本舗では「5日間お試しキャンペーン」を行っています。

これは5日分のモリモリスリムを税込380円でお届けする、という太っ腹なキャンペーン。もちろん送料も無料です。

もし「今までモリモリスリムに興味があったけど、何となく買いそびれていた」という人は、この機会に申し込んでみましょう。きっとそのスッキリ効果が実感できると思います。

ゴールデンキャンドルに含まれるセンノシドについて

モリモリスリムが確実に便秘に効くのは、その主成分としてゴールデンキャンドルのエキスが配合されているからです。

このエキスに含まれている物質にはセンノシドという薬理成分があり、これが下剤としての効果を発揮します。

具体的にいうと、センノシドが経口摂取されて大腸まで届くと、レインアンスロンという物質に変化します。この物質が大腸のぜんどう運動を促進。便意を引き起こすのです。

また、大腸は便の水分を吸収するので、滞在時間が長くなればなるほど便は固くなっていきます。しかしレインアンスロンに変化したセンノシドは大腸の水分吸収力を弱め、便の柔らかさを保ってくれます。

特にセンノシドが効果的なのは、自然な腸の動きが鈍化している弛緩性便秘、そして直腸に固い便が蓄積している直腸性便秘の2つ。

ただ、腸の運動が不規則で、下痢や便秘を繰り返す痙攣性便秘に関してはセンノシドを控えた方がいいでしょう。

もし自分が痙攣性便秘かもしれない、と思った場合は、モリモリスリムを飲む前に医師の診断を受けた方がいいかもしれません。

アーユルヴェーダについて

モリモリスリムには、ゴールデンキャンドルや植物発酵物のほか、コレウスフォルスコリ、ヒハツなどアーユルヴェーダで使用される植物が多く配合されています。

アーユルヴェーダというのはインドの伝統医学のこと。日本でも一時期のエスニックブームによってインドが注目され、耳なじみのある言葉となっています。

西洋医学と違って1種の宇宙観に基づく哲学がその根本にあり、様々なファクターのバランスを重んじるところは漢方医学と似ています。実際、アーユルヴェーダの目指すところは病気の治療・予防だけにとどまらず、生活態度そのものの変革や自然との調和にあります。

このことが科学文明の行き詰まりを感じた人々の心を引きつけるらしく、1970年代にはニューエイジ運動を通してアメリカでも注目を浴びました。

日本では近年、アーユルヴェーダを取り入れたエステが流行し、知名度を高めています。そして、その施術で用いられるハーブも、サプリメントや化粧品などに取り入れられ、知らないうちに摂取することが多くなっています。

またそれらの植物はインド料理にもスパイスとして使われることがあるので、アーユルヴェーダは思った以上に日本人に浸透しているといえるかもしれません。

-モリモリスリム

Copyright© 『本当に効いた!モリモリスリムの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.