モリモリスリム

モリモリスリムは本当に痩せる?

更新日:

モリモリスリムのダイエット効果

モリモリスリムのダイエット効果
モリモリスリムは便秘を解消することでダイエットに役立ちます。

ダイエットする時、よく便秘解消が欠かせないといわれます。これは便秘を長引かせたまま放置しておくと、腸内に蓄積された便からカロリーが再吸収されてしまうからです。

いくら食べる量を制限しても、便によって摂取カロリーが増えるのではダイエット効果が弱まります。

また、便秘によって腸内で悪玉菌が優勢になりますが、この悪玉菌が出す有害物質が血液によって全身の細胞に届きます。そうなると代謝が落ち、脂肪がエネルギーに変換されにくくなるのです。

さらに腸内で便が腐ってくるとメタンガスなどの有毒ガスを発生しますが、これも代謝を落とす原因となります。

おまけにお腹の周りには血管やリンパ管が多く存在しますが、便秘によって腸内がふくらむとそれらを圧迫。血の巡りやリンパの流れが悪化し、浮腫みを引き起こしてしまうのです。

この浮腫みを放置しておくと、脂肪細胞に老廃物が結合。セルライトへと変わっていきます。

このように便が溜まるだけで下半身はどんどん痩せにくい状態になってしまうんです。

モリモリスリムは優しい天然成分で便秘を無理せずに解消。ダイエットしやすい体に導いてくれます。

モリモリスリムの成分

モリモリスリムの成分といえば、代表的なものはお通じを良くするゴールデンキャンドルですが、その他にも以下のような様々な働きを持つ植物が豊富に含まれています——

ガルシニア

柑橘類に似た強い酸味を持つガルシニアカンボジアから抽出された成分。ガルシニアカンボジア自体が古くから民間療法で利用されてきましたが、その中に含まれるヒドロキシクエン酸が消化補助、脂肪合成防止、さらに食欲を抑える効果があることが分かり、サプリメントやダイエット食品に盛んに使われるようになりました。

皮や実も乾かしてカレーの酸味付けに使われたり、魚の保存剤としても広く用いられています。

コレウスフォルスコリ

インドやネパールで自生するシソ科の植物で、その根に含まれるフォルスコリンという成分がインドの伝統医学・アーユルヴェーダで滋養強壮、高血圧対策に使われてきました。

近年の研究で、フォルスコリンには体内のアデニル酸シクラーゼという酵素を活性化する働きがあることが分かり、美容界の注目を集めています。

というのもアデニル酸シクラーゼは脂肪分解に役立つため、フォルスコリンを摂取すれば間接的に脂肪を燃焼してしまうわけです。

カワラケツメイ

夏に花を咲かせるマメ科の植物。日本でも野草としてお馴染みです。乾燥したものを昔から生薬として用いてきました。

鎮咳薬、脚気、腎炎、黄疸、偏頭痛、慢性便秘、夜盲症、インポテンツなどに効果があるとされ、炒った上でお茶として飲みます。

特に成分として含まれるアントラキノン類は、便通を助ける緩下作用や利尿作用があり、ダイエットに役立ちます。

桑の葉

桑は日本各地で自生するクワ科の落葉樹で、その葉は蚕のエサとなるため昔から生活に欠かせない存在でした。葉そのものがお茶として親しまれるほか、枝、根の皮、実などが漢方の生薬として用いられています。

糖尿病の予防と改善、血糖値上昇の抑制、高血圧改善、コレステロール値を下げるなどの効能のほか、腸内環境を整え便通を改善する働きもあり、ダイエット業界からも注目されています。

モリモリスリムの口コミはこちら

-モリモリスリム

Copyright© 『本当に効いた!モリモリスリムの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.